生徒作品集
和紙染め鳥文陶箱
陶芸教室応用講座の見本です。
半磁器土を使って張り合わせで作りました。6枚のタタラ板を張り合わせた後、
上の三分の一ほどをナイフで切り取り、内側に引っ掛かりの突起をつけて蓋あわせをしています。絵付けは、和紙染めとしましたが実際は美容院などで使っている、「コールドペーパー」に下絵の具を浸み込ませて彩色しています。
絵の具はあまり濃いと品がなくなります。釉薬は透明釉。
箱の中には割ったガラスを敷き詰めました。酸化還元どちらも面白いと思います。
白椿絵茶碗
信楽の白土、手捻り成形です。
削った後、椿の花のところだけ化粧泥で白く刷毛目をしておきます。
素焼きの後、弁柄でおしべめしべを描き、炭酸銅で花びらを描きます。透明釉をかけて、酸化の窯で焼きます。白土はクリーム色に発色し、炭酸銅で描いた葉は薄くぼやけて、なんだか遠州好みの茶碗になってませんか?
掻き落し魚文七寸皿
半磁器の土を使った型起こしの皿です。
黒い色泥を全面に塗って乾いてから、魚の模様を彫りだします。
掘り出したところは半磁器の白。
はっきりとした模様が出来上がります。
作者はこれに石灰白萩釉を掛けました。
酸化の窯で焚くと、黒泥の部分がブルーグレーになります。
掛け分け四方鉢
応用講座で作った鉢です。白土のタタラ板に赤土を張り合わせてみたり、マスキング・色泥・掻き落し・印判などで様々な変化を出しています。白化粧をしてから素焼きです。釉薬は辰砂釉を柄杓で流し掛けして、掛けのこったところに透明釉を刷毛で塗っています。刷毛で塗ると自然に濃淡ができるので、ここでも面白い効果が期待できます。普段作っているすっきりした作品とは違って、一品物のような盛り鉢、食卓に1つあっても面白いと思います。
面取り酒器
赤土を手捻りで面取りに仕上げました。最初から六角ではなく、丸く厚めに作って柔らかいうちに木ヘラをあてて、大まかな六角形にしておきます。削りの時包丁のようなものでざっくりと面を削ぎ落とします。注ぎ口も同じイメージで作っています。全体に石灰白萩釉を掛けて、還元焼成です。この釉薬は流れ易いので、角は薄くなって茶色に発色して下にたまります。
織部のマグカップ
昔からある絵柄をマグカップに描くと、なんとも不思議な作品になります。白土を筒にまきつけて型を取り、素焼きのあと白化粧をして再度素焼き。
こうすることで真っ白な下地を得られます。弁柄で下絵を描いて、透明釉、それに部分的に柄杓で織部釉を掛けました。織部釉が掛かったところは二重掛けなので、どうしてもちぢれやすくなります。
色泥線象嵌タンブラー
手捻りで作ったシンプルなタンブラーです。上半分に刷毛目をして色泥を重ねています。そこに二本の黒い細い線。この線は色泥を塗ったあと、撥水剤を塗り重ねて鉄筆で彫って黒い色泥をしみこませています。撥水剤があるのではみ出ても心配いりません。彫ったところにだけ色が入ってくれます。素焼きで撥水剤は燃えてしまうので、釉薬が掛かるというわけです。白土に透明釉を掛けて酸化で焼いています。
陶板・茄子
武者小路実篤の色紙を連想しそうになります。赤土のプレートに細い紐で縁取りをして中に細かく砕いたガラスを敷き詰めました。傾けることはできませんので、窯の中では上向きで焼いて、立てられる台も同じ土で作っています。
ガラスには揮発性があり、釉薬があるとどんどん滲みて広がってしまいますので、周りは無釉で焼き締めの状態です。ガラスは青と緑を使いましたが、
上の茄子は下絵の具呉須(酸化コバルト)を塗ってからガラスを置いています。
まさに茄子紺、濃淡が出てうまくゆきました。
陶板・葡萄
細い紐を思ったところに貼り付ける作業はなかなかの手間仕事です、作者は全体にバランスよく紐を貼り付けました。焼き締めの部分は、変化を出すために割ったレンガを押し付けたりオレンジの色泥を塗ったようです。中に入れたガラスは緑と青、多く入れすぎると溢れてしまうので少し遠慮気味だったようです。でもそれがかえって緑の葉にリアルさを出しました。
線彫り御本手壷
落ち着いてモダンな壷になりました。口を少し立ち上げたので、花も生け易くなっています。赤土を使って手捻りで積み上げた後、刷毛目の土をスポンジで軽く叩くように塗っていきます。べたつかなくなったら、縦線をフリーハンドで彫って出来上がり。スポンジで塗るので面白い表情に、また縦線で御本が分断されて変わった雰囲気になりました。透明釉をかけて還元です。
menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ
 
Copyright (C) 2007 Akira Kaneda.